読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生におすすめ!これからの働き方についての本5選

大学生の今だからこそ読んで欲しい本がある

昨年、私自身が人生に迷走した時がありました。今まで親や周りが思う、そこそこいい高校に行ってそこそこ知名度のある大学に行って、大企業に就職する。それに違和感を感じた時があり、その時読んだ本です。

 

将来に迷っている大学生、これから就活を控えている大学生に読んで欲しいなと思います。

 

1.ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

 

  

おすすめ度★★★★★ 読みやすさ★★★☆☆

 

今までの現状や世界動向をふまえた上で、これからの世界がどうなっていくのかどういう働き方になるのかについて書いた本。とても詳しく書かれており内容もいいのですが、文量が少し多いです。それでも読む価値があります!この本を読んでいると未来にワクワクします。

 

 

2.諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない

諦める力?勝てないのは努力が足りないからじゃない

諦める力?勝てないのは努力が足りないからじゃない

 

 

おすすめ度★★★★☆ 読みやすさ★★★★☆

 

陸上選手であった為末さんが書かれた本です。今までは働き方や自己啓発本でいうと、頑張れ!や、◯◯したほうがいい!という内容のものが多かったのですが、この本はあえて「諦める」という観点から書かれています。

 

為末さん自身も100m走の選手だったのを、高校時代にもうこれ以上伸びないと自分で考え決断をし、400mハードルに転向しオリンピックでメダルを取りました。今の自分のしていることに違和感や悩みがある人には読んで欲しい本です。

 

 

3.マーケット感覚を身につけよう 

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

 

 

 おすすめ度★★★★☆ 読みやすさ★★★★★

 

Twitterでも有名なちきりんさんの本。

物事の「本質的な価値」を的確に捉えることで、マーケット感覚が身につき、誰も思わなかったビジネスを始めたり、主婦が稼いだりと具体例をあげて説明されています。将来起業したい、ビジネスしてみたいと思っている人は絶対に読むべき本です!

 

 

4.就活・転職でもやもやしたら読む本

就活・転職でもやもやしたら読む本

就活・転職でもやもやしたら読む本

 

 

すすめ度★★★☆☆ 読みやすさ★★★★★

 

 Kindle版が¥162と驚異的な価格なので読んで欲しい一冊です。はあちゅうさんの就活についても書かれています。驚きだったのはブロガーで世界一周をしたりしているはあちゅうさんが、お堅い企業の面接時はチアリーディング部のことを話すといった、人や企業に合わせて面接に挑んでいたということ。本当に努力家で頭のいい人だなと実感でき、また就活にも応用がきく本です。

  

5.10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと

 

 おすすめ度★★★★☆ 読みやすさ★★★★☆

 

社会構造が今後タテからヨコになっていき、Airbnbのようなシェアリングエコノミーになったり現状や未来について書かれており、特に私が感銘を受けたのは、年収は700万を超えると人間の幸福度はお金に関わらなくなってるということ。

それ以降は承認欲求や自分のしたかったことに充実感を求めるようになり、その中でどう生きていくかを考えなければならない。

年収700万を超えるのは難しいかもしれませんが、早いうちに超えたい壁ですね。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。是非時間がある時や暇なときにでも読んで欲しい本です。私自身も親や自分が思っていた大企業に就職するのが成功というルートから外れる糧にもなった本です。みなさんの一歩を手助けできればと思います。

 

広告を非表示にする