IT女子の人生ライフハック

IT女子の人生ライフハックというブログです。プログラミングからデザイン、生活や恋愛のことまで色々とつらつらと書いています!

Amazonアソシエイトの審査に落ちたけど、5日後に再申請で通った話。

スポンサーリンク

こんにちは、ユズです!
ブログも少しずつアクセスが上がってきて、更新が楽しい毎日です。私も、他のブロガーさんみたいに収益化をしていきたいと思い、いくつかアフリエイトのサービスに登録してみることにしました。その中でまず初めに選んだのがよく使っているAmazonのアソシエイトプログラムです。

====f:id:yuzuhooo:20170629222417p:plain

Amazonアソシエイトとは

affiliate.amazon.co.jp

簡単にいうと、自分がおすすめした商品を他の人が私のサイト経由で買ってくれたら幾らかの紹介料をAmazonからもらえるという仕組みです。おすすめの商品を紹介して、お金までもらえるなんて最高!!と思い、早速申請しました。

Amazonアソシエイトの申請手順

  1. アカウント情報の登録
  2. ウェブサイトとモバイルアプリの登録
  3. ウェブサイトとアプリの情報についての登録
  4. 携帯のSMSでのアカウント認証
  5. 申し込み完了

流れに沿ってやっていけばいいのでとても簡単です。途中どんなサイトやブログを運営しているか書くところやジャンルの登録などがあります。

申請は通ったのか...?通らない!!

私のブログは肖像権とか、ピンクな感じとか、規約違反もしていないし、記事数もだいぶあるから大丈夫だろ〜ぐらいに思っていたんです。最初このようなメールがきたので、いけたのかと思いました。

f:id:yuzuhooo:20170629222734p:plain



けれど、

f:id:yuzuhooo:20170629222245p:plain

審査に落ちました!!!

(なんでやねーん!!!て感じ)

落ちた原因は一体・・・

このようなメールが来ました。

Amazonアソシエイト・プログラムにお申込みいただき、ありがとうございます。

このたび当プログラムへの参加を申請いただいたWebサイトを拝見いたしましたが、お申込みを承認することができませんでした。
当プログラムでは、お申込みいただいたWebサイトが下記の項目に当てはまる場合には、ご参加をお断りさせていただいております。

1.Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております

6. 知的財産権を侵害している場合

7. 露骨な性描写がある場合

8. 未成年の方のお申し込み

その他、プログラム参加申請をお断りする例は、以下よりご覧ください。

https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/help/t21

また、当プログラムの独自の裁量により、上記の8つの理由にあたらない場合でも、運営規約上、ご登録予定のWebサイトが不適当であると判断した場合には、お申込みをお断りする場合があります。
Amazonアソシエイト・プログラム参加要件を含む運営規約は以下のサイトで確認することができます。https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/agreement

思い当たる節が全くない・・・
shijinblog.hatenablog.com

この記事も読ませてもらいました・・・!
思い当たる節といえば、ついでにと思って違うブログも貼ってみたり、適当にブログの紹介書いたことぐらい。

わからないならもう一回申請しよう!

わからないならもう一回しっかり書いて、URLもこのブログだけにして、申請してしまえ!と思って、会社のお昼休みの時間に割と時間をかけて申請しました。

その結果・・・

f:id:yuzuhooo:20170629222314p:plain


通ったー!!!!

これで使えるぞ!Amazonアソシエイト!

まとめ

Amazonアソシエイト落ちたんだけどという方、上記の条件も大丈夫で、記事数もあって、プロフィールもしっかり書かれているのであれば、もう一度申請してみることをおすすめします!